NEWS
ギャラリー
今月の一点
アクセス
取扱作家
お問い合わせ
BLOG
HOMEに戻る

TOPICS 今月の一点


チェイス・チェン
CHASE CHEN
『 Oarktree in Sunlight 』
Charcoal on paper(木炭)

  

1959年 上海で生まれたチェイスは、
幼い頃より才能を開花させ
わずか9歳で初の個展にて賞賛を浴びました。
そして中国の名門校 上海芸術大学院へと進み、
卒業後は大学で3年間の教鞭をとり高い栄誉を受けます。
その後は活動の拠点をアメリカへ移し、
数々の国際アートショーで驚くべき才能が認められ
現在では世界の著名画家として活躍し
多くのコレクターを魅了し続けています。

チェイスは、絵画という視覚言語で
自身を表現することに強い情熱を傾けています。
その始まりは幼少期の頃...
いつも窓辺に寄りかかり外を見て夢を見る
静かで内気な少年でした。
黒い屋根のタイル、灰色の建物、木々、
僅かな時間でも同じ見え方にはならない雲
太陽と影の相互作用からなる物の変化
それら自然の複雑な変化を何時間でも見続けていたそうです。
一つの形に見えるものに形がどのようにあるのか
一つの色だと思ったものに色≠ェある事
目で見たものを実際に見る事
それが真実であると語っています。

今月の一枚は、想像力をもって
絵の深みを感じ得れる木炭画の作品です。
木漏れ陽の光の中、樫の木に手を掛ける少女の後姿が
木炭の濃淡だけで描かれたモノトーンの世界。
ですが不思議といくつもの温色が見え、
少女の感情や光の道が見えてくるように感じます。
チェイスの目と感性を通し捉えた被写体は、
それがどれほどシンプルなありふれたものであっても
光の美しさと柔らかさで被写体の新鮮な姿を明らかにします。
チェイスが深く真っすぐに捉えたこの見事な作品を前にすると、
言葉もなく、ただ温かで優しい情感に包まれ
静かな癒しのひとときを感受し共感することと思います。

UPDATE : 2020.1.31


過去の「今月の一点」

        

UPDATE : 2020.1.31