NEWS
ギャラリー
今月の一点
アクセス
取扱作家
お問い合わせ
BLOG
HOMEに戻る

TOPICS 今月の一点


マッケンジー・ソープ
Mackenzie Thorpe

『 エンジェルズ 』

技法 ミクストメディア

  

イギリスを代表する画家 マッケンジー・ソープ氏は、
文字の読み書きが困難なディスレクシア(難読症)を抱え、
北イングランドにある産業の町で育ちました。
貧しい生活やいじめ、多くの苦難を歩んだ過去において
真っ暗なトンネルがずっと続く時もあったが、
暗いトンネルは何かを生み出す力もあること、そして
出口に向かい全力を尽くすことが大切なのだと、彼は語ります。
暗闇の先で見つけた光は、沢山の希望と喜びでした。
そこにあるのは誰かが与えてくれる愛であり、
自分が発信する愛。
ソープ氏の作品には様々な愛が込められいます。

何度か描かれてきているこのキリンも、
沢山の愛のモチーフで描かれています。
最初に描かれたキリンは、ソープ氏のお子さん達でした。
多少気が塞いでいる時には いつも二人のことを考えて 
全てが順調にいっていると思うだけでよい
彼らのほほえみで祝福され そして笑い声に包まれる
二人が与えてくれる温かい気持ちが作品のテーマとなりました。

ソープ氏にとってのお子さん達のように、誰しもみんな、
その人にとっての笑顔のエンジェルがいることを
心にふと気付かせてくれる作品です。


マッケンジー・ソープのプロフィール

UPDATE : 2019.9.19


過去の「今月の一点」

        

UPDATE : 2019.9.19