NEWS
ギャラリー
今月の一点
アクセス
取扱作家
お問い合わせ
BLOG
HOMEに戻る

TOPICS 今月の一点

『 Venice Autumn 』
 ジャンピエール・ウェイル Jean-Pierre Weill

   

ジャン・ピエールはフランスはパリに生まれニューヨークで育ちました。
パリのお洒落な感覚とニューヨークの斬新さを併せ持ち、
世界で唯一 ガラスによる3D絵画を誕生させた作家です。
とても多才で、画業と同時に音楽家としての活動もするなど、
発想も豊かに様々なガラス絵画を手掛けています。

一番奥にある版画絵と、3枚のガラスそれぞれに描いた絵、
その4枚の絵を重ね合わせ初めて一つの絵となる
ユニークで夢に溢れた作品です。

今月の一枚は、ガラスに美しく浮かび上がる
水の都 ベニスの秋を描かれた作品です。
色とりどりのカラフルな街の中、
運河に架かる太鼓橋の下を行くゴンドラ。
船頭さんがカンツォーネを歌っているのか、
女性が気持ちよさそうに手を広げ歌とゴンドラに揺られています。
ベニスの秋は、オシャレなカフェやレストランの花々、紅葉、
そして空や水辺の美しさを特に感じられる季節だそうで、
ジャンピエールも一番記憶に残る秋のベニスを描かれたようです。

運河を描いた作品はごまんとあれど、この美しい“ガラスのベニス”は
他には無い癒しをもたらしてくれる素敵な作品です。

ジャンピエール・ウェイルのプロフィール

UPDATE : 2016.9.30


過去の「今月の一点」

    

UPDATE : 2016.9.30