NEWS
ギャラリー
今月の一点
アクセス
取扱作家
お問い合わせ
BLOG
HOMEに戻る

TOPICS 今月の一点

『 Paris Spring』 
  ジャン・ピエール ウェイル Jean-Pierre Weill 

 

ジャン・ピエールは、フランスはパリに生まれニューヨークで育ちました。
パリのお洒落な感覚とニューヨークの斬新さを併せ持ち、
世界で唯一、ガラスによる3D絵画を誕生させた作家です。
とても多才で、画業と同時に音楽家としての活動もするなど、
発想も豊かに様々なガラス絵画を手掛けています。

一番奥にある版画絵と、3枚のガラスそれぞれに描いた絵、
その4枚の絵を重ね合わせ初めて一つの絵となる
ユニークで夢に溢れた作品です。

今月の一点は、ジャン・ピエールの故郷であるパリを
最も美しい春≠フ景彩で描かれた作品です。

ペガサスの銅像がある噴水の横では恋人達が愛を語り、
その奥にあるホテルにもそれぞれの窓辺に人が見えて、
一階のお洒落なレストランにはギャルソンが自慢げに立つ姿が見え、
その街路樹を歩き進むと果物売りのおじさんと出会い、
ふと空を見上げると沢山の真っ白いハトが羽ばたいていて...

少し昔の古き良き時代のパリを舞台に、
ドラマティックな物語が描かれたお洒落感が香る素敵な作品です。


ジャン・ピエール ウェイルのプロフィール

UPDATE : 2016.1.31


過去の「今月の一点」

    

UPDATE : 2016.1.31