NEWS
ギャラリー
今月の一点
アクセス
取扱作家
お問い合わせ
BLOG
HOMEに戻る

TOPICS 今月の一点

『 Between the Lines』 
  ロイ・フェアチャイルド Roy Fairchild-Woodard

 


フェアチャイルドはイギリスの小さな田舎町で生まれ育ちました。
文明的なものは一切なく、あるのは美しい自然という素晴らしい環境。
そこで育まれた感性は、彼の独創的な作風へと繋がっています。
彼ならではの哲学など人生観をモチーフに描く作風は、
ダ・ヴィンチやラファエロなど数多くの名画が誕生した
イタリア・ルネサンスの影響をうかがえるとされ、
発表と同時に世界中で絶賛の声を集めました。


「それまでの経験とその時々に興味があることを
ありのままの自分で描くだけだ」と語る彼の作品には、
文字や柄などが隅々にまで描き込まれているのが特徴です。

今月の一点は、その描き込みを最もシンプルに描いた作品です。

この作品を見ると、遠い記憶の中にいる素敵な誰かを
思い返しているかのように思います。
何色も重ねた温かみのある色彩の中、
浮かび上がるように描かれたこの人物は、
とても優しく穏やかな表情を見せています。
周りに描かれているのは、きっと
その人が好きな言葉や口癖、その人が好きな物や色など...
その描き込みも極力控えられたこの余白には、
そこに込められた余韻にひたり、
絵を読む穏やかなひとときを与えてくれるようです。

フェアチャイルドの版画は、原画に忠実に描くのではなく、
趣の異なるオリジナルの版画を仕上げており、
独特な紙の質感も彩色も、全てにその拘りが見て取れます。
ぜひ間近でご覧いただきたい一枚です。


ロイ・フェアチャイルドのプロフィール

UPDATE : 2015.10.18


過去の「今月の一点」

    

UPDATE : 2015.10.18